にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへにほんブログ村 ブログランキング 忍者ブログ

近隣住民から見た世田谷学園

 私立 世田谷学園について地元の声、近所の噂、周囲の評判など地域住民の視点から見た情報をお届けします。  情報には学園への要望・苦情・意見・感想・評価も含まれます。  受験を考える方にも、参考になればと思います。   また、学校騒音の被害にあわれている方々のお力になることが出来れば幸いです。

   

金属バットを使わせないで下さい

はじめて読まれる方は、まずこちらをご覧ください。

今回紹介する動画は、野球部が金属バットを使用していた日のものです。

世田谷学園は場所が場所だけに 「金属バットは使わないで下さい と、お願いしているのですが……。



打球音がするたびに70dbを超えた音量が出ていることに注目して下さい。

今回の計測では最高79dbもの大きな音が出ていました。

これは住宅街の環境基準55dbを大幅に上回る値です。


金属バットの問題は以前にもこのブログで取り上げています。


世田谷学園は住宅街の中にある校庭の狭い学校です。

野球部の練習している場所からほんの数メートルところに民家やアパートが建ち並んでいるという環境です。

このような場所で金属バットを使われると、近隣の住民は練習の間中「キン!」「カン!」と言った甲高い音に煩わされることになるのです。

練習で使うなら木製のバットで充分なはず。

むしろ狭い校庭ですから飛距離が出たらかえって困るはずです。

周囲の迷惑を考えれば木製のバットにプロテクターを装着して使って欲しいものです。



< NHK大河ドラマ「八重の桜」予告編より “ならぬことはならぬ” 現代の教育にも必要な心得ですね。 >

これまで世田谷学園には (おもに騒音問題で、) 色々と苦言を呈して来ました。

ただ、解決に至った問題は数少なく、しかも解決済みの問題だと思ってしばらく一つの件に触れないでいると、何事もなかったかのように平気で同じ事をやり始めるので性質が悪いのです。

以前指摘した、職員が改造バイクを使用している問題しかり、今回の金属バットの問題しかり。

野球部の指導に当たる方々には、もう少し周囲の事を考えた練習を指導して欲しいものだと思います。


また、学園上層部の先生方には、

(以前から指摘している掛け声騒音の問題もありますし、)

はた迷惑な練習を指導している方々の今後の進退について真剣に検討して頂きたいものだと思います。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へにほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへにほんブログ村 ブログランキング
掲示板の気になる話題!
理Ⅲ合格者を詐称したとかしないとか・・・・・・???
・【4191556】2016 芝・巣鴨・城北・本郷・世田谷学園・攻玉社 修正版
いじめ事件関連
・【3238425】東京都市大附属(Ⅱ類)か世田谷学園
・【3627035】いじめのない私立中
・【3712634】NEWS23で報道されたいじめの私立中学
部活動関連
・【3910719】中学・高校バスケ部について

 月刊 「宝島」 2015年2月号に世田谷学園の記事が掲載されました。
 p79~p81 ◆名門「世田谷学園」に浮上した醜聞
 陰湿ないじめ事件の真相にせまる衝撃の内容です。

 興味がある人はバックナンバーを探してみよう!
YouTubeへ関連動画のUPをはじめました。
こちらの解説欄にも動画の説明と意見などを載せております。よろしければご一読下さい。
動画一覧はこちらです。
共通タグ:  学校の騒音、 部活動の騒音、 教職員のモラル、 生徒のマナー、 近隣住民への礼節、 ネットの力
PR

ブログ内検索

ポチっとお願いします

ブログランキング にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

プロフィール

HN:
二葉茶屋
性別:
非公開
自己紹介:
 学校騒音の被害に悩む近隣住民です。
 ネット上での問題提起で、モラルの低下した学校に改善を促しております。
 応援していただると嬉しいです。

中高一貫教育

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バーコード

Copyright ©  -- 近隣住民から見た世田谷学園 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]